できる限り歯を残すために根管治療

根管治療とは

根管治療は歯内療法とも呼ばれています。歯の根の部分は、神経や血管が通う根管があります。むし歯などによって、細菌に感染した根管をきれいにする治療です。

細菌に感染した神経を除去し、根管をきれいに清掃して消毒します。根管の再度の感染を防ぐため、詰め物をします。治療後、再度感染した場合、感染根管治療を行います。

なぜ根管治療が大切なのか

むし歯の細菌などが深部まで進行し、これを除去するため、根管治療が必要です。むし歯の初期の段階は、歯の表面だけの治療で済みます。しかし、根管まで達すると、歯の表面を治療しても、内部にむし歯を誘発する細菌を抱えた状態になるからです。

もう一つは、根管にまで進行するようなむし歯などの細菌は、全身疾患になる可能性があるからです。根管の血管から細菌が全身に広がり、発熱やリンパ節のはれなどを引き起こします。

むし歯の初期は、軽い症状で治療も短時間で済みます。これが、根管に達するまで放っておくと、歯や口腔内の疾患にとどまらず、全身に悪影響を及ぼしかねません。だからこそ、根管治療が大切になるのです。

根管治療は、非常に細かい部分が対象になります。肉眼では見えないような個所を治療するため、当院ではマイクロスコープを活用しています。これにより、正確・精密な治療が可能で、患者さまに高度な医療を提供できるのです。

マイクロスコープは、顕微鏡の歯科バージョンのことです。患部を最大倍率で20倍に拡大でき、疾患を見逃しません。「科学の目」によって治療のクオリティーが高まり、歯科医の技術をより均一にしてくれます。

マイクロスコープを使った根管治療

マイクロスコープの活用で、根管治療の精度が飛躍的に上がりました。根管にある神経は非常に小さく、肉眼での患部の特定は至難の業でした。患部が複数あれば治療をしたのに、もう1カ所の患部を見逃し、痛みが引かないケースもあります。

このため昔の歯科医は、治療をいかにこなすかという経験値に基づいた「勘」も必要でした。現在では科学の進歩で、歯科医療も大きく様変わりしてきました。

ページトップへ