身体に負担が少ない新治療歯科用レーザー

レーザー治療とは

当院は患者さまの負担を軽減のため、レーザー治療を導入しています。治療を効率的・効果的に行える利点があり、積極的に活用しています。レーザーは医療用に制御されており、安全・安心な治療です。
レーザーを照射すると、「熱さ」や「痛み」が気になります。もちろん、そんな心配は無用で、レーザーの照射は一瞬です。熱さや痛みを感じないよう最適なレベルでコントロールしています。
当院の歯科医師は、レーザー照射の講習などを通して、高レベルの技術を持っています。定期研修などを通して、レーザー治療による最新の治療法も日々、勉強をしています。

レーザー治療で出来る歯科治療

歯周病の治療

歯周病の治療では、レーザーを活用します。治療法は、歯と歯茎の間の細かい溝に、レーザを照射します。これによって、歯周病菌を死滅させるのが一般的な治療法です。レーザーによって、歯周病の細菌で一瞬で除去することができます。患者さまにとって、痛みや出血の軽減となり、治療に対する負担が少なくなります。レーザー治療の効果をより高めるため、日常の正しい歯磨き指導、歯石除去、歯のクリーニングも同時に行います。

レーザー治療の特徴

出血を抑えることが可能

レーザーによる治療の利点は、出血を抑えられることが挙げられます。歯茎の切開では出血がほとんどなく、術野を確実に確保できます。患部の視認が容易なため、正確で迅速な治療に役立ちます。患部の感染リスクの軽減にもなります。
歯茎が炎症している場合は、レーザーの力が不可欠です。炎症部位に高温のレーザー照射で細胞を瞬時に蒸発させ、除去することができます。

不快感や痛みから開放

レーザーによるむし歯治療では、人によって非常に不快に感じる歯科用ドリルによる歯を削る音や振動がありません。状況によっては、麻酔を全く使用せずに治療を行います。使用する場合も、ごく少量の麻酔で済むので、患者さまの負担が大幅に軽減します。

レーザーの種類

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは、歯茎の切開などで使用します。通常のレーザーとの違いは、歯周病などの炎症を抑制し、傷口の殺菌作用があります。止血の効果があり、治癒力の早さにも効果的です。

Er:YAGEr,Cr;YSGG(エルビウム,クロミウム;ワイエスジージー)レーザー

痛みがなく、歯を削る感覚さえも分からないほどの静粛性に優れたレーザーです。その効果は、炭酸ガスレーザーとほぼ同じで、歯周病などの炎症の抑制、出血の抑制、傷口の殺菌作用、治癒力の早さなどが挙げられます。

ページトップへ